巷のB級ニュース“小”ネタを毎日配信!

0

スカイツリー開業後、東京タワーの人気はどうなった?

東京タワーってやっぱりロマンチック!

[拡大写真]

東京の新名所スカイツリーがオープンして1年半あまり。今、東京タワーの人気はどうなっているのか、気になったので運営する会社に聞いてみた。
答えてくれたのは、タワーを管理・運営する日本電波塔総合メディア部の澤田さん。
「スカイツリーの開業効果でタワーのメディア露出は増えました。2020年のオリンピックが確定したことで、東京全体が活気づいているのも良い要素ですね。ちなみにスカイツリーが開業した2012年度も、前年度比2万人増の243万人と入場者数は微増しています」とのこと。

東京タワー展望台の年間来場者数は、1958年のオープン直後に493万人を記録。その後2000年度にはその半分以下にまで減少したが再び増加し、ここ数年は年間約250万人前後で推移しているそう。スカイツリー報道が際立っていた時期も、入場者は変わっていないということになる。澤田さんはその理由を「江戸情緒ある下町エリアに最先端のスカイツリーが建ち、山の手エリアに半世紀以上建ち続ける東京タワーがあるのは、東京のコンテンツとしていいバランスなのでは」と推測している。
お話によれば、東京タワーは観光スポットとしてのイメージが強く、「いつも見えているけれど、特に行く気にならない」「一度行けば十分」という人が多いそう。
そこで東京タワーは“脱・観光スポット”を目指し、主に首都圏に住む個人客を増やす戦略を推進し、夜景の時間を中心に、様々なイベントを落とし込んでいるのだとか。
関連キーワード

ライター情報: カシハラ@姐御

広告会社などを経て、フリーランスライター。得意技は、飲酒とビアガーデン制覇。東京ビアガーデン制覇クラブ主宰。「メルマガ・週刊カシハラ」で気になるものを配信中。

2013年11月29日 07時00分

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品