巷のB級ニュース“小”ネタを毎日配信!

「全米感涙協会」なる団体があるらしい

このエントリーをはてなブックマークに追加

一夜限りの60秒スペシャルverとして話題を読んだ『ファイナルファンタジーX/X-2 HD Remaster』CMも、実は同協会公認の“泣けるCM”。

( 1 / 2 )

[その他の写真を見る]

大相撲には「日本相撲協会」、サッカーには「FIFA」、浅草の演芸には「漫才協会」。各ジャンルには、その世界を統括するべきコミッションが存在する。

そして、巷で話題の「涙活」にも発足したらしい。その名も「全米感涙協会」。……なぜ「全米」なのか?
これは、ハリウッド映画のCM等で頻繁に用いられるコピー「全米が泣いた」から引用されている。また、「世界に感涙を広める活動がしたい」という思いからでもあるそうだ。

「涙活を昨年から始め、全国から様々なジャンルの“泣ける作品”が送られるようになりました。そこで『これは泣ける!』と協会が認定した映画や音楽などは、通常の涙活イベントでも使用させていただいています」(「涙活」プロデューサー・寺井広樹氏)

そんな同協会のコンセプトは、以下のとおり。
・「涙活」を世界中に広めていく。ストレスを減らしたい。
・泣ける舞台のプロデュースを行う。
「お笑いが吉本さんであれば、泣きは全米感涙協会が担っていきたいと思います」(寺井氏)

言うだけのことはある。何しろ、吉本ばりに「N-1ぐらんぷり」の開催も予定しているというのだ。
「『N-1ぐらんぷり』のNは『泣語』の頭文字ですが、泣語に限らず、音楽、動画、朗読などジャンルを問わず感涙の頂点を決める“泣かせ話芸No.1決定戦”です」(同氏)
この賞レース発案のきっかけは、同協会に届けられるたくさんの泣けるCD・DVDたち。プロアマ問わず、才能を持つ人材がたくさんいることを思い知り、イベント化を思い付いたようだ。
関連キーワード

ライター情報: 寺西ジャジューカ

1978年生まれ。ブライアン・ジョーンズとビートたけしと前田日明と大江慎也と有吉弘行を敬愛する。好物=局アナ、篠田麻里子

URL:Facebook

2014年1月28日 07時00分

注目の商品