巷のB級ニュース“小”ネタを毎日配信!

0

実はケチャップライスが苦手なアメリカ人

このエントリーをはてなブックマークに追加

日本の絞り出し風タイプのは残念ながら出回っていない。

[拡大写真]

「アメリカ人って、何に関してもオープンマインドで良いよね」と思っている人は多いはずだ。ステレオタイプで言えばそうだろう。しかし米国内で「日本人はこうなんでしょ?」と言われてしまうと「え? 私は違うんですけど」と思うこともしばしばである。人種やお国は関係なく個人差ですよね。私はそんなことを踏まえた上で、アメリカ人の「食」に関する調査をすることにした。

オープンマインドと思われがちなアメリカ人だが、「食」に関してはそれほど冒険できないようである。(中西部シカゴ在住というのが関係しているのか!?)
日本ならコンビニをはじめ、食品やスナック関係の新商品が次から次へと発表され、浸透率もかなり早い。
「とりあえず試してみよう! 」的な心意気が日本人にはある、と思う。

しかしアメリカ人だと見ただけで「ノーサンキュー」が出てくる始末。(いまだに寿司が食べられない人多数) 幼少から食べて来たものだけを繰り返し食べ続けるタイプの人が多いようにも思う。新製品も滅多に出ず、昔ながらの味にこだわっているよう。

日本人でも作れる「アメリカ人が喜んで食べられそうな食事」となると、NHK朝ドラ『ごちそうさん』の「開明軒」みたいな、昭和の洋食屋さんが思い浮かぶ。となるとケチャップチキンライスやハンバーグを作りがちだが、それがどうも駄目らしい。日本では「洋食」と思われているものが、本場のアメリカ人には受け入れられない。そもそも、ケチャップはハンバーガーやホットドッグにかけるものであってご飯に混ぜるものではない、という考えがあるようだ。
関連キーワード

ライター情報: シカゴ/あらた

シカゴ在住の兼業フリーライター。音楽から何からいまだに80年代カルチャーをひきずって生きている。世界墓地巡りが好きな根っからの追っかけ派。

URL:http://tokuhain.arukikata.co.jp/chicago/

2014年1月29日 07時00分

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品