巷のB級ニュース“小”ネタを毎日配信!

お米のジュース『ライスオーラ』はどんな味? 牛乳・豆乳に次ぐ"第3のミルク"

ライター情報:古屋江美子

このエントリーをはてなブックマークに追加

お米のミルク「ライスオーラ」

[拡大写真]

ミルクといえば、言わずと知れた牛乳のこと。また最近ではソイミルク、いわゆる豆乳をミルクがわりに愛飲している人も多い。だが実はさらにもう1つ、ミルクの選択肢があるのをご存じだろうか? ライスミルク、つまりお米のミルクだ。

欧米では比較的ポピュラーなライスミルクだが、なぜか日本ではほとんど知られていない。しかし、お米の国・日本では、良質なライスミルクを作る素地がある。牛乳や大豆にアレルギーを持つ人の代替食品にもなるし、お米の新しい楽しみ方として今後注目を集めそうな気配だ。

すでに日本生まれのライスミルクもある。その1つが山梨県の白州屋まめ吉株式会社が、2013年6月が販売しているお米のドリンク、その名も『ライスオーラ』である。

原料はなんとお米だけ。同社のある山梨県北杜市が誇る特Aブランド米「梨北米(りほくまい)」に酵素を加えて糖化させ、お米に含まれる甘味を引き出したものだ。実際に飲んでみると、少しとろりとした口当たりで、甘酒のような優しい甘み。お米なのでヘンなクセもなく、自然な甘さがしみじみ美味しい。まさにお米のジュースだ!

同社の担当者に話を聞くと、何か山梨県発の地産地消商品を作りたいと考えたとき、地元のお米、梨北米が思い浮かんだのだという。
「米粉から作っていますが、米粉に温度をかけると、だんだんお餅になります。そのお餅を液化させるのが難しく、苦労しました」
そのまま飲んでも美味しいが、ほかにもいろいろな楽しみ方ができる。
関連キーワード

ライター情報: 古屋江美子

フリーライター。旅とグルメを中心にウェブや雑誌で執筆中。地元山梨びいき。
好物=昼寝、ビール、読書(どれもビーチかプールサイドなら尚良し)

2014年3月18日 07時00分

注目の商品