巷のB級ニュース“小”ネタを毎日配信!

「ニート」は“40歳”がターニングポイント

ライター情報:まめこ

このエントリーをはてなブックマークに追加

『働かない息子・娘に親がすべき35のこと』二神能基、畠中雅子監修

[拡大写真]

ニートといえば20代の若者が中心というイメージがあるけれど、最近では30代、40代も増え、中には50代に入ってしまった人もいるという。親の年金や仕送りで暮らし、居場所といえばネットのつながりのみ……。そういう状態のことを「孤立無業」というそうだが、本人はもちろん、親御さんにとっても行く末は不安だらけ。そんな中、「働かない」「家から出ない」「結婚しない」子どもを持つ親向けに、アース・スターエンターテイメントから『働かない息子・娘に親がすべき35のこと』という本が発売された。

著者の二神能基氏は、目標を喪失した日本の若者をイタリアに送るプロジェクトを94年から7年間展開した後、99年にニートを支援する「NPO法人ニュースタート事務局」を設立した。氏によれば、イタリアのある心理学者の言葉に「日本の親は子どもに向かって『飛べ』と言いながら、 足首をつかんで離さない」というのがあるそう。子どもの将来を心配し、身のまわりの世話を焼きながらも、「アルバイトや派遣ではなく、なんとか正社員になって欲しい」という根深い“正社員信仰”でわが子を悪気なく追い詰めているケースも多いのだ……。

二神氏は、「親の世代は時代がよかったから懐具合もよかったのです。決してお子さんより能力が高いから稼げたのではなく、生まれた時代の違いです」と言う。考えたら当たり前のことなのだが、わかってない親たちが案外多いのではないか。子どもの側も就職できなかったり、すぐに辞めてしまったりする原因を自分自身にあると考え、「努力が足りなかったから」「コミュ力が低いから」と自責の念にとらわれがち。

ライター情報: まめこ

かわいいもの、甘いもの、古いものを愛するフリーライター。好物=ほうじ茶

2014年5月7日 08時00分

注目の商品