巷のB級ニュース“小”ネタを毎日配信!

0

ダイオウグソクムシだけじゃない!? 絶食に強い生きものたち

ライター情報:宮沢弥栄子

「ハダカカメガイ」別名クリオネ。エサはミジンウキマイマイという巻貝の一種。
写真提供:鳥羽水族館

[拡大写真]

今年の2月、絶食状態が6年目に入り話題となっていた鳥羽水族館の「ダイオウグソクムシ」がついに死亡し、多くのファンを悲しませた。ダイオウグソクムシは水深200~1000メートルほどの深海に生息する世界最大のダンゴムシの仲間。まったく食べずにどうして5年間も生きられたのか……。残念ながらその理由はまだ解明されていない。

お刺身や干物でおなじみの魚からナゾの深海生物まで、さまざまな生物を飼育する水族館。他にもエサを食べずに生き続ける「絶食に強い生物」はいるのだろうか? ダイオウグソクムシを飼育している鳥羽水族館に話を伺った。

「現在鳥羽水族館で飼育している生物の中で、ダイオウグソクムシに次いで最も食べない期間が長かったのは、おそらくハダカカメガイだと思います。約1年以上エサを食べていません。ハダカカメガイは半年から1年以上エサを食べないとも言われています」

透き通った体で羽ばたくように泳ぎ、流氷の妖精とも呼ばれるハダカカメガイ、別名クリオネ。ダイオウグソクムシのグロテスクな姿(失礼!)とはずいぶん違うが、長い間食べずに生きられるという点では同じ仲間といえるかもしれない。

私たち人間と違って“毎日食べるのが当たり前ではない生物”は他にもたくさんいるようだ。
「生きものによっては毎日給餌するわけではありません。野生では毎日エサにありつけるとは限らないため、週に1回や2回などを基本に与えている種類もあります。

ライター情報: 宮沢弥栄子

マーケティング・リサーチャーで気象予報士。気になったことは何でも調べずにはいられない体質。得意分野はお天気と生物ネタ。

2014年5月16日 08時00分

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品