巷のB級ニュース“小”ネタを毎日配信!

キリスト教の牧師が監修! 聖書がカードゲームになった

このエントリーをはてなブックマークに追加

世界に散らばった「失われた聖書」(聖書カード)を獲得する……というゲーム

( 1 / 7 )

[その他の写真を見る]

知人で、急速に『三国志』に詳しくなった者がいたので理由を聞くと、どうも『蒼天航路』を読んでいたらしく。これは、三国時代の英雄・曹操を主人公に据え、三国志の世界を描いた長編マンガ。
いや、いいですよね。楽しみながら、いつの間にか知識も増えているという一石二鳥。有意義な娯楽と言えます。

そして今、こんなカードゲームが話題となってます。キリスト新聞社が4月25日より発売しているのは、その名も『バイブルハンター』!
ストーリーは、主人公が「バイブルハンター」になって、世界に散らばった「失われた聖書」(聖書カード)を獲得する、という内容になっているらしく。その際のスペシャルなポイントとして、新約と旧約の聖書に登場する多彩な人物(モーセなど)を召喚することが挙げられます。要するに、新約と旧約の登場人物のコラボ! これって、今までにないことですよね!?
「というか、カードゲームの発売自体が有り得なかったんですけどね(笑)」
お答えいただいたのは、キリスト新聞社が発行する雑誌「Ministry(ミニストリー)」編集長の松谷信司氏。

では、同氏にこのようなカードゲーム発売の経緯について伺ってみましょう。
「もともとは、『Ministry』の付録という形で発表したものでした。編集長として『付録には絶対カードゲームがいい!』とかなり強引に進めたのですが、そういうニーズが教会内外にあることは確信していました。少しの冷たい視線を感じながらの作業ではありましたが(笑)」(松谷氏)
しかし、反響は予想以上! めでたくカードゲームは正式に商品化され、結果、初版は速攻で完売。
関連キーワード

ライター情報: 寺西ジャジューカ

1978年生まれ。ブライアン・ジョーンズとビートたけしと前田日明と大江慎也と有吉弘行を敬愛する。好物=局アナ、篠田麻里子

URL:Facebook

2014年6月2日 08時00分

注目の商品