巷のB級ニュース“小”ネタを毎日配信!

0

一度は撮りたい"飛び猫"写真の撮り方をFBで人気の五十嵐さんに聞いてみた

猫が好きな人なら、見ているだけでキュンとくる飛び猫写真。各地で飛び猫の写真を撮り続け、フェイスブックで公開している写真も人気の動物写真家、五十嵐健太さんに撮り方を聞いてみました。

まずは挨拶がわりに、五十嵐さんが撮影したとっておきの写真を数点紹介。



五十嵐さんが撮影した飛び猫の写真は、横浜で開催された『御苗場』写真展、東京ビッグサイトで開催された『デザインフェスタ』等でも公開されており、2015年用のカレンダー等にも採用が決まっている。ちなみに、飛び猫の写真以外にも、さまざまなバージョンの猫の写真を10万枚以上も撮影しているとのこと。

――この猫のジャンプ力は、とりわけすごいですね!
「この猫は、千葉の某所で遭遇して撮影しました。日中は日当たりの良い船の上で寝るのが好きな子です。夕方になると陸地に戻るために、船と船の間を飛びます。とても距離があって、落ちたら危ないのですがそこを飛んでしまうところがとても可愛いです」

最初に見つけてから撮影するまでに、3日間もかかったそうだ。しかも、天候不良などで行かなかった日も含めると1週間かかったとのこと。

「もう2度とこんなシャッターチャンスは無いと思います。さらに、この写真が海外の著名なアーティストの写真と並んで写真集に載ったときは嬉しくてたまらなかったです」

――五十嵐さんが撮影した写真は、色々なところで起用されているそうですね。
「猫以外に犬やウサギの写真なども撮っていて、株式会社マインドウェイブさんのノート、手帳、ファイルなど、学研さんの手帳表紙、アクティブコーポレーションさんのポストカード、カレンダー、カレンダーの老舗大手メーカーの株式会社トーダンさんのカレンダー、『ねこぱんち』表紙など、他にもあります。
関連キーワード

ライター情報: やきそばかおる

テレビやカルチャーにまつわる雑誌や書籍の仕事に携わったり、動物の写真を撮ったり、焼きそばを作ったり、消しゴムはんこを彫ったり……の楽しい毎日です。

URL:https://twitter.com/yakisoba_kaoru

2014年6月4日 08時00分

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品