巷のB級ニュース“小”ネタを毎日配信!

0

シャンプーやマッサージで薄毛が治らない理由とは ~AGAの治療に行ってきた~

AGAの治療は私にとって未知なるもの。治療内容はもちろん費用についても不安があったので、この説明もまた非常にありがたかった。

[拡大写真]

「髪は女の命」と良く言われるが、それは男性にも言えることではないだろうか。
たいていの男性は、髪の毛は大切にしたいと考えているはず。毛先を遊ばせてみたり、ツーブロックで今風モテ髪を目指したり。そんな風に、いつまでもヘアスタイルを楽しんで生きていきたいと思うものだ。

ちなみに、私の祖父も父も頭髪は思いきり「ツルピカ」。「頭髪は遺伝する」と、何度か子どもの頃から聞かされてきたこともあり、私もいつか髪の毛が薄くなっていくのではないか、という危機感は持っていた。

なので、自分なりに若い頃から気をつけるようにはしてきたのである。大学生の頃からは、整髪料もなるべく控えるようにしてきた。社会人になってからは、ちょっといいシャンプーを使うようにもしてきた。30歳になったあたりからは、シャンプー後に薬用トニックをシューッと吹きかけ、ヘアブラシでトントンとマッサージなんかもしてきた。

これだけ入念なケアをしているのだから、さすがにしばらくは安泰だろう! そう考えていた。ところが―――
先日、妻からこんな言葉を掛けられた。「あなたもアラフォーなんだから、もう不規則な生活は正した方がいいよ。体のためにも、髪の毛のためにも」。
夫を案じてくれる妻。なんともありがたい、と思った。だが……え? 髪の毛? 鏡の前に立ち、じっくりと自分の顔を眺めてみる。ぬう、たしかに。おでこの生え際が、薄くなった気がする。頭のてっぺんも、なんだか髪の毛が減った気がするじゃないか。
関連キーワード

2014年6月20日 17時00分

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品