巷のB級ニュース“小”ネタを毎日配信!

0

新幹線で撮った「残念な富士山」を集める原田専門家と残念な写真鑑賞

このエントリーをはてなブックマークに追加
なぜか分からないけどやってしまうこと。その一つが、東海道新幹線に乗っていて富士山が見えると写真を撮ることだ。ところが、新幹線の車窓から富士山を綺麗に撮影するのは意外に難しい。手前にある電線や鉄塔などが写ってしまうからだ。しかし、それが逆に面白いということで集めている人がいる。名前は原田専門家さんだ。以前、パーソナルな家紋「パ紋」の生みの親として紹介したこともある原田さんと一緒に「残念な富士山」の写真を鑑賞した。

■残念な富士山1

「うわ! この木さえなけりゃ!」な写真。

――いきなり残念ですね。富士山もションボリしてそうです。
「ボクが愛知に帰省する時に撮った写真です。天気も良いのにもったいない感じがしますよね」

■残念な富士山2

――惜しい! 電線が写ってます。
「しかも、太くて濃いから、やたらと目立ってます」

■残念な富士山3

――これも残念度が高い……。
「天気は悪いし、鉄塔はド真ん中に映ってるし、二重苦です」

――原田さんは、なぜ「残念な富士山」の写真を?
「そもそも、車窓から見える富士山が気になるようになったのは、漫画家の蛭子能収さんの影響です。蛭子さんは富士山が好きで、新幹線に乗ると必ず富士山を見るそうなんです。だからボクも富士山の写真を撮るようになりました」
原田さんは「どのあたりを過ぎると富士山が見えるのか」「どのあたりだと綺麗な写真が撮れるのか」等を知りたくて、GPSを駆使して富士山が見える位置を調べたこともあったそうだ。
関連キーワード

ライター情報: やきそばかおる

テレビやカルチャーにまつわる雑誌や書籍の仕事に携わったり、動物の写真を撮ったり、焼きそばを作ったり、消しゴムはんこを彫ったり……の楽しい毎日です。

URL:https://twitter.com/yakisoba_kaoru

2014年7月4日 10時00分

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品