巷のB級ニュース“小”ネタを毎日配信!

九州はなぜローカルアイス天国なのか

ライター情報:田幸和歌子

このエントリーをはてなブックマークに追加

九州アイスの代表格、「モンブラン」シリーズ。

[拡大写真]

先日、記事にした九州発のとけないアイス「ムース」のほか、九州にはいまや全国的認知度を誇る「白くま」や、「あいすまんじゅう」「ブラックモンブラン」「ミルクック」、さらには袋入りのかき氷など、たくさんのローカルアイスが存在する。
いったい何故なのか。九州出身者に聞いてみると、返ってきたのは、こんな答えだった。

「え? それって九州にしかないの!?」
「九州は暑いから、アイスをよく食べるんじゃない?」

そこで、総務省統計局「家計調査」(二人以上の世帯)品目別都道府県庁所在市及び政令指定都市ランキング(平成23年(2011年)~25年(2013年)平均)を調べてみると、「アイスクリーム・シャーベット」への年間平均支出は、1位が金沢市(9,857円)で、九州では7位に鹿児島市(8,648円)、11位に佐賀市(8,093円)が入っている程度(以下、27位に長崎市、他は30位以下)という結果だった。
特に九州の人がアイスをよく食べているわけではないようだけど……。1962年より「あいすまんじゅう」を販売する丸永製菓(福岡県)の担当者は、こんな話をしてくれた。
「アイスクリームの市場は、1995年から2003~2004年頃まで縮小傾向にあり、1994 年度約4300億円に比べると2003年度には約1000億円も縮小しました。そんななか、もともと久留米を中心に九州で販売していた弊社は、逆に外にむかって伸ばしていこうとしていた時期で、1994年~95年には九州にコンビニ流通が確立していったこともあり、時流にあわせて販路を拡大させ、全国展開するようになったんです」

もともと「九州のアイス」という意識も、「九州にアイスのメーカーが多い」という意識もないそう。
関連キーワード

ライター情報: 田幸和歌子

書籍出版社、広告制作会社を経てフリーに。月刊誌・週刊誌・夕刊紙などで執筆中。

2014年7月16日 08時20分

注目の商品