巷のB級ニュース“小”ネタを毎日配信!

0

シンガポールにある、とにかくエコなマクドナルドって!? 

ライター情報:加藤亨延
このエントリーをはてなブックマークに追加

屋根以外にも店舗は緑に囲まれている

( 1 / 2 )

[その他の写真を見る]

小学生の時、修学旅行で初めて京都を訪れた。そこでバスガイドさんが、「京都のマクドナルドは赤と黄ではなく、街並に合うように落ち着いた色になっているんですよ」と教えてくれた。それ以来、京都へ行ってマクドナルドを見ると、その時の思い出がよみがえる。

世界中に店舗展開しているマクドナルドは、各国に合わせた特徴を持っていることで有名だ。例えばフランスのように、ハンバーガーのバンズにフランスパン(バゲット)を使うといったようなメニューの違いであったり、タイで見られる合掌しているドナルドだったりする。

その中でもシンガポールにあるマクドナルドは、とにかくエコロジカルだ。これは記者の先入観だが、ファーストフードとエコという2つの言葉は、あまり馴染みがなさそうに思える。しかし西部、広さ80ヘクタールのジュロン・セントラルパークに建つマクドナルドは、とってもエコだ。何がエコなのか。それはこのマクドナルドの外観に注目してほしい。

まずは写真をどうぞ。同店舗は店全体が緑に包まれまくっている。なぜこのような形のマクドナルドになったのか。同店をデザインしたシンガポールの設計会社ONG&ONGに聞いてみたところ、公園内の環境と調和させるため、レストランを青々と茂った草木にくるむデザインにしたそうだ。特筆すべきはキノコ型の屋根で、緑の屋根は屋上表面を保護するだけでなく、乾期には植物の生育に必要な雨水と栄養素を蓄えるという。

ライター情報: 加藤亨延

主に週刊誌・月刊誌で海外事情を執筆。取材等での渡航国数は約60カ国。比較文化/旅行が、ど真ん中ストライク。ときどき社会/政治。ロンドンでの生活を経て現在パリ在住。

URL:http://tokuhain.arukikata.co.jp/paris/

2014年7月11日 08時30分

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品