巷のB級ニュース“小”ネタを毎日配信!

0

“オトナあせも”に気を付けて! 衣服、食生活、入浴の対策法とは

このエントリーをはてなブックマークに追加

夏季は特にこの箇所に要注意です。

( 1 / 2 )

[その他の写真を見る]

関東甲信地方でも梅雨が明け、いよいよ夏本番! 海に、山に、いろいろと楽しみな季節です。が、一方で自己管理を怠ってはいけない季節でもあり……。エアコンで適度な室温に調整したり、水分・塩分補給をしたり、熱中症対策にも気を付けましょう。

そしてもう一つ、気を付けてください。じっとしててもジワジワ汗をかく、高温多湿な日本の夏。数分歩くだけで、汗だくに……。こんな状況が続くと生じやすいのは、「あせも」による皮膚トラブルであります。
「あせも」といえば、子どもが気をつける症状だと思いがち。確かに小児はエクリン汗腺の分布密度が高く、皮膚が弱いため、あせもになりやすいです。
しかし近年、大人のあせもが増えているそうです。それも、高温の環境下に長時間さらされながら仕事する人だけでなく、室内で勤務する方々が悩むケースも増えているらしく。猛暑や節電が影響し、多くの方が意識せざるを得ない問題となりました。

そこで早速、“汗が原因で起こるトラブル”を挙げていきましょうか。
●皮膚を保護する力が低下する
●皮膚が細菌に感染しやすくなる(とびひ・ニキビ・毛包炎など)
●汗に含まれる微量な物質によるアレルギー性湿疹
●あせも
●適切な水分補給がないと、脱水や熱中症に

汗そのものは弱酸性で、実は皮膚の保湿・殺菌効果があるそうです。外部の細菌やカビは酸に弱く、弱酸性下の肌では増えにくくなります。しかし、弱酸性を保つことが難しくなると、外部からの影響を受けやすくなる。
関連キーワード

ライター情報: 寺西ジャジューカ

1978年生まれ。ブライアン・ジョーンズとビートたけしと前田日明と大江慎也と有吉弘行を敬愛する。好物=局アナ、篠田麻里子

URL:Facebook

2014年7月24日 08時00分

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品