巷のB級ニュース“小”ネタを毎日配信!

釣ったばかりの魚は美味しくないって本当?

ライター情報:羽石竜示

このエントリーをはてなブックマークに追加

「釣り人の釣った魚は、釣りのやりとりの結果、乳酸が溜まり、その結果あまり美味しくない」というのは正解?

[拡大写真]

お父さんが釣った魚をクーラーボックスに入れて帰宅、それを家族の晩御飯のおかずにするというのはとても微笑ましい光景だ。だが、最近、「釣ったばかりの魚はあまり美味しくない」と指摘する有名釣り師の話を耳にした。これは意外や意外、釣ったばかりの魚は新鮮だから魚屋さんのものより美味しいはずと思っていたから……。
さて、その真偽のほどを独立行政法人・水産大学校(山口県下関市)に聞いてみた。

―――「釣り人の釣った魚は、釣りのやりとりの結果、乳酸が溜まり、その結果あまり美味しくない」というのは正解なのでしょうか?
「魚によっては正解です。釣りのとき、魚が激しく暴れるとエネルギー源のATP(アデノシン三リン酸)が消費されて筋肉に乳酸が蓄積し、筋肉のpHが下がります。pHが下がることで酸っぱく感じます。タイのような白身魚よりもマグロなどの赤身魚で著しいです。他方、上手に魚を暴れさせずに釣り上げた場合は、ほとんど酸味は気にならないと思います」

なるほど、白身より赤身魚で起こりやすい現象で、あまり暴れさせないで釣るのがコツだという。

―――「釣った魚はその日に食べることが多いため、熟成されておらず、美味しくない」は本当でしょうか?
「死後、魚のエネルギー源であるATPは、ATP→ADP(アデノシン二リン酸)→AMP(アデノシン一リン酸)→イノシン酸→イノシン→ヒポキサンチンと鮮度低下に伴って分解されます。この中の“イノシン酸”が魚のおもな旨味成分なので、釣り上げた直後はまだイノシン酸が少なく旨味は薄めです。
関連キーワード

ライター情報: 羽石竜示

フリーライターやってます。カメラ、写真、プリンタ、PC、デジタルガジェットなどの分野をおもに執筆。また、写真撮影にも注力しております。よろしくです。

2014年7月30日 08時35分

注目の商品