巷のB級ニュース“小”ネタを毎日配信!

客全員がニコ動を見てる!? オタクじゃなくても楽しめる"ニコバー"とは 

ライター情報:ろっくまん

このエントリーをはてなブックマークに追加

おしゃれなバーカウンターと動画が流れ続けるモニター

[拡大写真]

百貨店や映画館もあり、毎日多くの人で賑わう新宿歌舞伎町。そこに2014年6月、新しい形のバーがオープンした。
その名も「ニコニコBAR」、通称“ニコバー”である。このバーは、ニコニコ動画を見ながら食事やお酒を楽しめるという新しいスタイルで人気を集めているという。

店内に入ると、まず目に映るのは6つの液晶だ。最大55インチの画面にはニコニコ動画が常に映され、ボカロ曲やガンダムなどのアニメソングなどが流れている。客層は老若男女問わず幅広い。そこにいる全員が同じ動画をみんなで見ながらお酒を楽しんでいる光景はこのお店でしか見られないのでは。

さて、新宿店で4店舗目となるというニコバーだが、一体どんなきっかけで生まれたのだろうか。今回は、オーナーの中村さんにお話をうかがった。

――どうしてこのようなお店を開こうと思われたのですか?
「札幌に“ケセラセラブレイク&バー”という名前でオープンしたのが最初です。当時は、一人もお客さまが来なくて……これはヤバいと思ってイベントをやり始めたがニコニコバー誕生のきっかけですね。アニソン系のイベントやボカロ祭り、東方祭りなどのイベントをやっていくうちに、自然とニコニコバーと呼ばれるようになっていました。なので、札幌店の看板には今でもニコニコバーの文字はありません」

――勝手にニコバーと呼ばれるようになっていたのですね。当時はどんな人たちが集まっていましたか?
「イベントの影響もあって、最初はオタクな人たちが集まっていました。
関連キーワード

ライター情報: ろっくまん

群馬出身。現在は都会に出てきてウェブを中心に執筆。オタクコンテンツを吸収に力を注ぐ日々。

2014年8月11日 08時30分

注目の商品