巷のB級ニュース“小”ネタを毎日配信!

バスのICカードリーダー規格は日本と海外でちがう!?

ライター情報:羽石竜示

このエントリーをはてなブックマークに追加

ICカードリーダライタを搭載した日本の運賃箱(レシップ提供)

[拡大写真]

電車やバスなどの交通機関を利用するとき、運賃の支払いは「ピッ」という読み取り音でお馴染みのICカードを使うケースが大勢を占めるようになった今。そのシステムを担っているのは、ICカードを読み取る装置「ICカードリーダライタ」である。ところでこの装置、実は日本と海外では規格が異なり、性能にも違いがあるのをご存じだろうか。

ICカードリーダライタには、タイプA、B、Cの3種類があり、うちタイプA、Bは海外で、タイプCは日本で多く使われている。では、何が一体違うのか。運賃箱などを手がけるメーカーのレシップに聞いてみた。

「タイプA、Bは、比較的安価に導入でき、世界シェアが8割にものぼります。対して、タイプCは、A、Bよりコストはかさみますが、セキュリティ性能が高く通信速度が速いことが特徴です」(レシップ担当者)

タイプA、Bが海外で8割もシェアを獲得した背景には導入コストが安価ということもあるが、それだけではない。そもそもタイプA、Bは外国企業が開発した規格のため、いち早く国際標準規格に認定されたので、ヨーロッパや、アジアを中心に普及が進んだのだ。

一方日本発のタイプCは、コストが高いとはいえ、その分性能は優秀。海外でももっと普及してもらいたいものである。頑張れ! メイドインジャパン。

ちなみに、ICカードリーダライタが搭載されている運賃箱にも海外と日本とでちょっとした違いがあるのでついでに紹介しよう。
関連キーワード

ライター情報: 羽石竜示

フリーライターやってます。カメラ、写真、プリンタ、PC、デジタルガジェットなどの分野をおもに執筆。また、写真撮影にも注力しております。よろしくです。

2014年9月4日 08時00分

注目の商品