巷のB級ニュース“小”ネタを毎日配信!

世の森羅万象はプロレスで読み解ける! 教養としてのプロレスとは?

このエントリーをはてなブックマークに追加

『教養としてのプロレス』プチ鹿島(著)/双葉社

[拡大写真]

世の中は、テレビ、新聞、雑誌などのメディアや、Facebook、TwitterなどのSNSで、たくさんの情報があふれ返っている。
あまりにも簡単に情報が入手できるせいか、パッと目についた情報だけで物事をわかったような気になったり、本当は大きな全容があるにも関わらず、一部の情報のみピックアップされてしまうことで、状況が複雑化して本質が見えにくくなっているような気がする。

行間を読み、そこから何かを想像して物事を組み立てることができないと、物事を読み解くのはなかなか難しそうだが、うまくやるコツが分からない……。
それを解決する本に出会った。時事ネタを得意とするお笑い芸人、プチ鹿島さん著『教養としてのプロレス』である。

タイトルから勘違いしてしまいそうだが、これはプロレス本ではない。30年以上プロレスを見続けてきた著者は、あるとき「世の中のあらゆる事象は、プロレス脳で読み解くことができる」と気づいたのだという。

「世の中の森羅万象を語ろうとしたら、わかろうとしたら、たまたまプロレスで学んだことが役立つことに気づいたのです。こんな楽しい見方や解釈のこと、おそらく多くの人は知らないと思う。(中略)プロレスを知らない人にこそこの本を読んでほしい。お得ですよ。(本文引用)」とあるように、本書ではプロレスを知らない人でも、「世の中の事象はプロレスで読み解けてしまう」という面白さをお得に知ることができるのだ。まさに、教養はプロレスにあり。

ライター情報: 平野芙美/eBookJapan

通勤のお供は、本と音楽とpodcast。好きな映画は「トイ・ストーリー」と「サニー」。苦手なものは大仏。許可局員です。

URL:http://boox.jp/

2014年9月18日 08時11分

注目の商品