巷のB級ニュース“小”ネタを毎日配信!

0

トロみたいな食感の“おもしろなす”を食べてみた

涼しくなったと思ったら不意に暑くなったり、いい加減にしてほしいと思いません? しかし、今になって冷やし中華をオーダーするのも、いかがなものか。というか、もう提供されてないかも。

こんな時、実は「なす」が強い味方だそう。「なすは体を冷やす」と言われており、暑さで火照った体に効果的と言われている。何しろ、成分の 90%以上が水分だし。
さらに、「秋なすは嫁に食わすな」なんて言葉だってある。9月以降に収穫されるなすは身も締まって種が少なく、よりおいしくなるそうなんです。

というわけで、あの「オイシックス」に、個性の強い“おもしろなす”をいくつか教えていただきましたよ!

■トロなす
手で持った時点で、明らかに他のなすと違う「トロなす」。

【白みがかった緑色】
なすは紫色が一般的だが、トロなすは白みがかった緑色。農家の間では「白なす」と親しまれてきた。
【名前の由来】
販売開始当初、千葉県の生産者の長谷部さんは「白なす」という名前にこだわり続けていた。しかし、火を通した時の“トロ~っ”とした食感とトロのような濃厚な味わいが話題となり、「トロなす」という名前で定着する。

■薄皮丸なす
「薄皮丸なす」は、コロンとした一口サイズの丸なす。

【山形の伝統野菜】
名前の通り、皮が薄いのが特徴。一口大のサイズがかわいらしい丸なす。古くから山形で自家用野菜として生産されてきた、山形の伝統野菜。

■上海マー坊なす
「上海マー坊なす」は、ヘビのようなひょろひょろなす。

【皮は赤紫色】
ヘビのように細長く、上下の太さが均一な品種。上海を中心に消費されてきた品種の仲間だそう。他のなすに比べ、赤みがかった紫色が特徴。

ライター情報: 寺西ジャジューカ

1978年生まれ。ブライアン・ジョーンズとビートたけしと前田日明と大江慎也と有吉弘行を敬愛する。好物=局アナ、篠田麻里子

URL:Facebook

2014年9月21日 10時00分

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品