巷のB級ニュース“小”ネタを毎日配信!

0

指輪も3Dプリンターで~ものづくり系女子・神田沙織さんに聞くDIY生活

11月は、都内の結婚式場で行われる結婚式の数が、年間で一番多いという。今やパーティーもデジタルの時代。“ものづくり系女子”神田沙織さんは指輪を3Dプリンターで作った。旦那さんも、ものづくりに関する仕事に就いている。そんな“ものづくり夫婦”の披露宴パーティーは、デジタルを駆使した手作り感満載! 今回は神田さんにお話を伺った。

●指輪は3Dプリンターで
3Dプリンターの良いところは、完全オリジナルのデザインで作ることができる点だ。簡単に言うと、自分たちでデザインした指輪をデータ化して、3Dプリンターで作った模型から型を作り、シルバーを流し込んで作る。こちらが完成品。

よ~く見ると、丸い部分の大きさがそれぞれ違うのだが、そこがミソ。
「普通のリングは、丸い部分の大きさが全て同じだったりしますが、あえていろいろな形の丸が集まって一つのリングになっていたら面白いと思い、大きさを揃えませんでした」
なるほど。超オリジナルというわけである。

ちなみに、神田さんは大学では経済を学んでいたが、会社の説明会で某企業が3Dプリンターを紹介している映像を見て、3Dプリンターのカッコよさにひとめ惚れ。父親がものづくりに関係した仕事をしていたこともあり、子どもの頃からものづくりに親しみがあった神田さんは、晴れて入社。3Dプリンターの営業を仕事を経て、現在は“ものづくり系女子”として3Dプリンターの楽しさを広めている。
神田さんが使っている3Dプリンター。(SCOOVO X9)神田さんは「X9くん」と呼んでいる。

●線で描いたイラストを3Dプリンターで立体に
神田さんは、友人夫婦の披露宴パーティーにおいて、3Dプリンターを使ってこちらのものも作った。
関連キーワード

ライター情報: やきそばかおる

テレビやカルチャーにまつわる雑誌や書籍の仕事に携わったり、動物の写真を撮ったり、焼きそばを作ったり、消しゴムはんこを彫ったり……の楽しい毎日です。

URL:https://twitter.com/yakisoba_kaoru

2014年11月12日 07時50分

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品