巷のB級ニュース“小”ネタを毎日配信!

0

60歳で“発見”されたボサノヴァ・ミュージシャン「タクシーサウダージ」

ライター情報:古澤誠一郎
“ほんのそこまでのつもりでいたのに ― 気ずいた時には 見知らぬ国 ― はるか地の果て さすらってたのに ― ふと立ち止まれば いつものここ”(1.『アベマリーア!』より/動画はこちら

10代の頃から20年以上も日本全国を放浪し、沖縄で2年ほど野宿生活をした時期もあった。ボサノヴァにのめり込んでは実際にブラジルまで出向き、サントゥールという打楽器に惚れてインドへも訪れた。そして40歳で故郷の埼玉県秩父市へと戻ってタクシードライバーとなり、今年の6月に60歳でCDデビュー……。
長瀞渓谷で歌うタクシーサウダージ。タクシー運転手として勤務する際も車にギターを載せている

タクシーサウダージの1stアルバム『Ja-Bossa』は、そんな彼の人生の軌跡を思いおこさせるような『アベマリーア!』の上記の歌詞から始まる。「60歳にしてデビュー」と聞くと色物のような印象を持つ人もいるかもしれないが、その年輪を感じさせるように太く低く、かつ透き通るような歌声と、生々流転の儚さを歌うような歌詞に触れれば、“これは本物だ”と誰もが気づくだろう。

「ギターを弾き始めたのは高校生の頃で、3カ月くらいで作詞作曲も始めて。最初はジョルジュ・ムスタキというシンガーを好きになったんだけど、彼が歌う『三月の水』を聞いてから、ボサノヴァに惚れ込んだ。ミュージシャンになる気は特になかったけど、放浪中も音楽はずっと聞いていたし、ギターもよく弾いていたね」

“はじめは遠い海鳴り 穏やかな道たどれば ― いつか来た懐かしいあの浜辺 ― それがボサノバ探していた場所 ― 子供のように心裸で 夕凪のようなしずけさ ― 譜面の中に収まりきれない満ち溢れるほどのやさしさ”(5.『ディサフィナード』より)

探し求めていた音楽=ボサノヴァとの出会いを果たし、特にジョアン・ジルベルトに惚れ込んだが、「ブラジルの言葉で歌えばブラジルの人のほうが上手だし、日本語の歌詞で歌ったものにもいいものがない」という苛立ちもあった。

ライター情報: 古澤誠一郎

フリーライター。音楽、サッカー、本、演劇などが好きですが、何でも書いているので自分でも何が専門なのかよく分かりません。

URL:https://twitter.com/furuseiro

2014年11月15日 08時00分

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品