巷のB級ニュース“小”ネタを毎日配信!

0

「太陽ワイン」で話題、古き良き日本のワインを楽しむ

このエントリーをはてなブックマークに追加

この風貌、古き良き日本のワインです。

[拡大写真]

市場を賑わすボジョレーヌーボーの季節がやってきた。ボジョレーを中心に、色々なワインの話題が上がりがちなこの季節。せっかくなので日本の昔ながら、なワインに注目してみてはいかがだろうか。

それは、サントリーさんが販売している「赤玉スイートワイン」
大きな赤い丸のデザインでお馴染みのお酒だが、現在放映中のNHK連続テレビ小説「マッサン」では、「太陽ワイン」という名前で取り上げられ話題となっている。こちらの生まれは1907年(明治40)。当時の名前は「赤玉ポートワイン」。

実はこのワインが登場する以前、サントリーを創業した鳥井信治郎氏は、「日本に西洋のワインを広めたい」と、西洋から取り寄せたワインを売りだした。しかし、当時の日本人からすると慣れない味のせいか、全く売れない。そこで日本人好みのワインを。と、造られたのがこのワイン。
通常のワインからすると、甘めなのが赤玉の特徴。本当に、これはワインとして分類してもいいのだろうか。

そもそもワイン(葡萄酒)とはブドウの果汁を発酵させたアルコール飲料(醸造酒)のこと。
「日本の酒税法ではこれらの多くのものが果実酒に分類されています」
と、サントリーさんは言う。さらに、
「日本の酒税法上、果実酒には属さない特殊な製法のものもあり、こちらも広義の意味で「ワイン」と呼称されます」
例えば、ブランデーなどのアルコールを添加してアルコール度数を高めたり、ワインを造る途中でアルコールの添加によって発酵を止めて糖分の多い甘めのワインに仕上げるなど、世界各国でこのようなワインは多い。

ライター情報: のなかなおみ

いつか山の中に引きこもりたい大阪在住フリーライター。日々、野良猫との遭遇を楽しみに生きてます。

2014年11月22日 08時00分

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品