巷のB級ニュース“小”ネタを毎日配信!

0

『クロエのレクイエム』の作者は16歳!? 無限の可能性を秘めた「フリーゲーム」の世界とは

ライター情報:ろっくまん
「何か面白いものをつくりたい!」
イラストや小説、イベントや企画など。形は違えど一度は思ったことはないだろうか。何か自分の手で作りたい。そう思って少し経つと、「才能がない」「自分にはできない」と諦める。胸に抱いた熱い想いに、フタをする。大人になって振り返ってみれば、そんなことばっかりだったような気がしてくる。まさに今、その葛藤のなかにいる人も多いだろう。
そんな方に今回、お伝えしたいのは「フリーゲームならその悩みが解決できるかもしれない」ということだ。
フリーゲームは、PCでダウンロードすれば誰でも無料で遊ぶことが出来るゲームのこと。そのほとんどがゲーム会社などではなく、一般人の手によって制作されているのが特徴だ。誰でも作れるうえに、誰でもプレイ出来るという手軽さが一番の魅力で、いま注目のジャンルのひとつになっている。
そんなフリーゲームの世界は今、新たな創作の場としても注目されている。先日小説化もされたホラーフリーゲーム『クロエのレクイエム』はまさにその流れをくんだ作品である。
2013年10月2日にリリース。実況プレイ動画の投稿をきっかけに人気を集めたゲーム

ゲームのストーリーはこんな内容だ。

とある日の夜、主人公の少年ミシェルは、怪しい雰囲気の立ち込める洋館に辿り着いた。足を踏み入れると聞こえるのはピアノの音。その音をたどった先には、黒髪の美しい少女クロエがいた。彼女が言うには、この屋敷は呪われており、呪われてしまったら最後、外にでることができないという。その呪いを解く方法はただ1つ。

ライター情報: ろっくまん

群馬出身。現在は都会に出てきてウェブを中心に執筆。オタクコンテンツを吸収に力を注ぐ日々。

2014年12月22日 10時10分

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品