巷のB級ニュース“小”ネタを毎日配信!

「もう一度音楽シーンのど真ん中に」Mr.Children・桜井和寿が語った決意

ライター情報:さのゆう

このエントリーをはてなブックマークに追加
デビューから23年目を迎えるMr.Children。2015年はどんな活動をするのだろうか、プロデューサーの小林氏との不仲の噂は本当かなど、ファンの悩みは尽きない。

こうした疑問の解決に手助けとなるのが、ボーカルの桜井さんが昨年末に受けた「MUSICA2015年1月号」でのインタビューだ。ここでは、昨今の噂の真相や最近のアイドルについて、さらには、桜井さん自身の強い決意などが語られ、ファンにとっては垂涎の内容となっていた。これらについて紹介していこう。

【小林氏との不仲説、その真相は】


昨年末、Mr.Childrenと長年プロデュースを行なってきた小林氏との不仲説が複数メディアで報じられた。事務所の分社化で小林氏と違う事務所になったことや、シングル曲「足音~Be Strong」で小林氏の関与が一切なかった(これはミスチル史上初)ことが理由に挙げられている。

桜井さんはこれらの「独立」について、小林氏とは喧嘩別れでなく、Mr.Children自身でセルフプロデュースしていくという意志のもと、ポジティブな理由で決めたと説明。これからは、これまで他人まかせにしてきたツアー演出やレコーディングでの細かい部分をMr.Childrenのメンバーたちだけで行なうというのだ。
この判断の背景には、ウカスカジー(桜井和寿とラッパーのGAKU-MCによるユニット)で得た経験が大きく活きるだろうという判断と、「これまでの安定した状態を続けたらどんどん足腰が弱っていく」という不安も理由であったと語っている。
関連キーワード

ライター情報: さのゆう

1992年生まれ、静岡育ち。イチローとMr.Childrenは別格。好きなもの=スポーツ全般(特に野球)、ラーメン、戦国史

URL:https://www.facebook.com/sanoyu

2015年1月15日 11時00分

注目の商品