巷のB級ニュース“小”ネタを毎日配信!

東京にはないグルメ「東京コロッケ」を知っていますか?

ライター情報:スズキナオ

このエントリーをはてなブックマークに追加
「東京コロッケ」という屋台を見たことがあるだろうか。
私はつい先日、初めてそれを目にした。大阪市北区にある「大阪天満宮」に初詣に行ったときのこと。
こんな屋台である。

200円払うと串を渡され、すでに揚がっている「東京コロッケ」を7個刺してソースをつけて持って行くというシステム。

これが東京コロッケか! 東京では見かけたことがない……。

屋台の脇ですぐ食べる。うむ。美味しい。中身はジャガイモのみ。一つが小ぶりなので、コロッケというより丸いポテトフライを食べているような感じだ。あっさりしたソースがうまい。

食べ終えて屋台の方に、この食べ物がなぜ「東京コロッケ」という名前なのか聞いてみた。「ごめんな……。わしも知らんねん」とのこと。

調べてみると「東京コロッケ」の屋台は、大阪の北部と大阪に隣接する兵庫県のごく一部に存在し、十数年前までは多数あったが、今はかなり数が減っているらしい。昔は1串が100円で、屋台に据え付けられたパチンコ台でパチンコ玉をはじくことによって串に刺せるコロッケの個数が変動するというゲーム性もあり子供に大人気だったとのこと。

今回、東京コロッケについてよく知る巴大樹氏に話を伺うことができた。巴氏は大阪の中津で「シカク」というミニコミ・ZINEショップを営んでいる方で、そのお店で東京コロッケに関するイベントを開催し、自分で"東京コロッケ本"を制作するほどの熱烈なファン。

――お祭りの中での東京コロッケの屋台はどういった存在だったのでしょうか
「僕の小中学校時代(1995年~2000年ごろ)の大阪の話なので主観が入りすぎているかもしれませんが、東京コロッケは縁日のシンボルといっても過言ではなかったです。

ライター情報: スズキナオ

1979年生まれ水瓶座・A型。立ち飲みや無目的な街歩きが趣味。チミドロっていうテクノバンドをやっています!

2015年1月14日 11時00分

注目の商品