巷のB級ニュース“小”ネタを毎日配信!

0

カロリー神話に対する挑戦 「原始人食ダイエット」とは?

ライター情報:鶴賀太郎
このエントリーをはてなブックマークに追加
また新しいトンデモダイエットかい、やれやれ。

“原始人食ダイエット”と聞いてそう思ってしまうのも無理のない話です。流行っては消えていく数多のダイエットを、一向に消え去る気配の見えない腹周りの憎々しい贅肉をつまみながら見送って来たあなたにとって、今さら新しいダイエットと聞いてもにわかに飛びつくわけにもいかないのはむしろ当然のこと。ましてや「原始人」ですから!

でも今年ブレイクを見せそうな予感のこのダイエット、凡百のあだ花ダイエットとは一線を画していそうです。一体どういうダイエットなのでしょうか?

「人類が農耕を始める前の食事です。たとえば日本ですとお米を作り始める前の食事ということになります」
答えてくれたのは自らこのダイエット(=食生活)を実践する編集者の松島倫明さん。
原始人食ダイエットとは「パレオ・ダイエット」とも呼ばれ、文字通り人類が農耕を始める前の食生活をベースにしている。低炭水化物食ダイエットの一種とも言えるが、好きなだけ食べても太らないという今年注目のダイエット

「現在の日本人は通常カロリーの50〜70%くらいをお米などの穀類から摂っているのですが、農耕が始まる前は20%〜30%程度だったと言われています。現代人は炭水化物を摂り過ぎているのでさまざまな問題が生じてきている、もう少し減らせば遺伝子的にも人間の体にとって自然な食事になるという考え方に基づいています」

そう聞くとますますトンデモ感を抱いてしまう人もいるかも知れませんが、実はこれ「パレオ・ダイエット(原始人食)」と呼ばれており、アメリカではすでにかなりポピュラーになっています。2013年の米Google社のダイエット関連検索ワードでは堂々の第1位に輝いたほどです。

ライター情報: 鶴賀太郎

ライター/マーケティング・イベントプランナー。
国内外の著者インタビュー、映画監督インタビューを得意とする。グアム国際映画祭、茅ヶ崎映画祭にも関与。

URL:http://mywifescamera.blogspot.com

2015年1月23日 10時00分

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品