巷のB級ニュース“小”ネタを毎日配信!

プロレスラーみたいな名前の芸術家「タイガー立石」がスゴい

ライター情報:古澤誠一郎

このエントリーをはてなブックマークに追加
ジャイアント馬場、アントニオ猪木、ジャンボ鶴田、ストロング小林、タイガー立石、ロッキー羽田、マイティ井上、グレート草津……。

という並びの中に混じってしまうと、違和感なく昭和のプロレスラーの名前に見えてしまうタイガー立石。昭和生まれ(1941~1998年)なのは他の面々と同じだが、彼の職業は芸術家。画家、漫画家、絵本作家、陶芸家として数多くの作品を残し、昨年12月に『ムーン・トラックス(タイガー立石のコマ割り絵画劇場)』(工作舎)という作品集も刊行と、没後の現在も評価が高まり続けている人物だ。
『ムーン・トラックス(タイガー立石のコマ割り絵画劇場)』(工作舎)

そんな彼の作品の魅力を紹介したい……と思うのだが、「この人の絵本、読んだことある!」という人も多いかもしれない。有名な作品は『とらのゆめ』(作・絵:タイガー立石)、『ままです すきです すてきです』(文:谷川俊太郎、絵:タイガー立石)などだ。

『とらのゆめ』は、緑色のトラ「とらきち」が主人公。青緑色の幻想的な荒野を宙に浮きながら駆け抜けて、赤いダルマに変身したり、またトラの姿に戻ったり、エッシャーのだまし絵のような迷宮に入り込んだり、同じ見た目のトラが大量に出てきたり……という、夢そのものを絵本化したような摩訶不思議な作品だ。

なお『とらのゆめ』の一部と同じ展開は『ムーントラックス』収録の作品『Tiger! Tiger!』でも見ることができる。ちなみにタイガー立石は寅年生まれで、トラを題材した作品が非常に多いことでも知られている。

ライター情報: 古澤誠一郎

フリーライター。音楽、サッカー、本、演劇などが好きですが、何でも書いているので自分でも何が専門なのかよく分かりません。

URL:https://twitter.com/furuseiro

2015年1月24日 11時00分

注目の商品