巷のB級ニュース“小”ネタを毎日配信!

ケーキにしか見えないかき氷も! 流行中の「かき氷」、オススメ店を聞いてみた

このエントリーをはてなブックマークに追加
冷たいスイーツの代表格「かき氷」。数年前から続いているブームによって、こだわりのかき氷が楽しめるお店も増えている。現在のかき氷ブームや今年のおすすめのお店などについて、いろいろなかき氷が食べられるイベント「東京かき氷コレクション」を開催する、小池隆介さんに伺った。
▲セバスチャンの「いちごのショートケーキ」(1200円) これが「かき氷」と言ってもきっと信じてもらえないほど、ビジュアルはケーキそのもの。

──最近のかき氷について、教えてください
「バリエーションが、非常に増えています。イチゴ味ひとつとっても、市販のシロップだけではく、各お店がフルーツを使ってオリジナルのシロップを作っていたり、フルーツをふんだんに使ってパフェなどのスイーツのようにアレンジしていたり。こだわりのかき氷を出すお店も増えていますし、早いスパンでメニューを変えているお店もありますね。食べ歩きする楽しさがあります。ハマってみると、奥が深い食べ物ですよ」

──2015年のおすすめのかき氷のお店を教えてください
「2015年は、有名パティシエさんを含め、よりほかのスイーツっぽい、かき氷が登場する流があります。東京都渋谷の『セバスチャン』のかき氷は、かき氷のパフェやケーキなど、特に独創的。テーブルに出てきたとたんに驚きと笑顔があります。もちろん、味もすばらしい。日光の天然氷と上手に扱っていて、削る前に冷蔵庫から出して氷に汗をかかせる『氷をゆるめる』作業をしっかりしています。なので、氷削機の刃当たりが滑らかになり、口どけがよい、口に入れても頭が痛くなりにくいかき氷になるんです」

●セバスチャンのドルチェ氷
「いちごのショートケーキ」(1200円)※冒頭の写真参照
▲「いちごのショートケーキ」の断面図。1人前はホールまるごとだが、天然氷特有の軽さと、ナッツのアクセントで最後までおいしく食べられる。

ふわっと削った天然氷を、生クリームと生イチゴでデコレーション。

ライター情報: イナガキアキラ

雑誌やウェブサイト、企業のPR媒体などのエディット・ライティングをフリーランスでやっています。コンビニなどで売っているお菓子の研究が趣味で、宇宙にぞっこんです。

2015年4月3日 11時00分

注目の商品