巷のB級ニュース“小”ネタを毎日配信!

0

アニメの現場で30年 やまだたかひろが語るメカニカルデザインの魅力と難しさ

ライター情報:田辺 香
お台場の「ダイバーシティ東京プラザ」に行った際、必ず目にするのが建物前にそびえ立つ、実物大のガンダム立像。先日出かけた際も、その存在感に圧倒されつつ、子供の頃に見たアニメのロボットが現実にいるという、ちょっと不思議な感覚を改めて味わったところでした。そんななか、ロボット関連の気になる本が発売に!
メカニカルデザイナー&アニメーターとして活躍している、やまだたかひろさんの著書『メカニカルデザイン解体新書』です。

本書は『マシンロボシリーズ』『エルドランシリーズ』『勇者王ガオガイガー』『バトルスピリッツシリーズ』など、やまださんがデザインしたロボットや武器、乗り物の設定資料をもとに、デザインの考え方やテクニックを解体したもの。早速、やまださんご本人にお話をうかがいました。


制作7カ月「30年分の蓄積をできるだけ」


まず、完成した本について率直な気持ちを。
「おかげさまで本年が画業30周年に当たりまして、デザイン画集のお話をいただいた時は大変嬉しく思いました。出版の玄光社さんから、メカニカルデザインに興味のある人やメカニカルデザイナーになりたい人向けの本にしたいと聞きまして、この際ですから、30年分の蓄積をできるだけ収める事ができたら……と考えました。今は感無量です。作業は大変でしたが、編集の平山さん、瀬川さんやご尽力いただいた方々のおかげで完成できました。本を1冊創ることの大変さを実感できたのは貴重な体験でした」
基本の描き方は、本書用に描き下ろしたオリジナルメカニックキャラクターを例に紹介。

「30年分の蓄積をできるだけ」とのお話どおり、正直、こんなに披露してしまっていいの!? と思うほどの充実した内容。

ライター情報: 田辺 香

出版社を経てフリーの編集者&ライターに。得意分野はキャラクター系、エンタメ系。お酒を飲むのが大好き。好物=ワイン、オリーブ、飲み会、ニューヨーク、リボン

2015年7月29日 16時50分

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品