巷のB級ニュース“小”ネタを毎日配信!

鉄道ファン向けじゃなかった! 貨物時刻表が書店売りされている意外な理由

ライター情報:太田サトル

このエントリーをはてなブックマークに追加
都内の書店で平積みにされていた、鉄道時刻表。
何気なく通りすぎようとしたところで、思わず足が止まった。

パッと見、昔からおなじみの、赤と白のロゴが表紙におどる時刻表だったのだが……。

貨物……!?
<貨物>って書いてある。

そう、時刻表は時刻表でもコレ、貨物列車の時刻表、「貨物時刻表」(2500円・税込)だったのである。



そりゃあ、列車が運行されている以上、貨物列車に時刻表が存在することは当たり前のことである。そこは全く不思議ではない。
しかし、それが書店で販売されているのはどうしてなのか。一般の利用者には基本的に縁のない、なんとなく「業務用」的な存在のようなものに思えるが。



「貨物時刻表」とはどんなものか


手にとってパラパラめくってみると、おなじみのスタイルの時刻表があれば……。



線でつながれた、見慣れないスタイルで書かれた表もある。



これは、「機関車運用表」という、時刻表とはまた異なるものらしい。



一般の時刻表では見かけない、「コンテナ」という表記も。

そのいっぽうで、“一般向け”らしく、「貨物駅の紹介」や「鉄道貨物輸送の仕組み」、「JR貨物の主要な車両」といった、読み物や企画ページが、巻頭と巻末にボリュームを割いてあったりもする。



それにしても、この貨物時刻表を見て、「○時△分、××駅だね」と、発着時間や駅を知ったところで、乗車できるわけではないはず。そもそも一般の乗客は貨物駅に入れないだろうし、切符も買えない。
関連キーワード

ライター情報: 太田サトル

学生時代からそのままフリーライター業。雑誌中心に執筆、ときどき編集。 好物=ガンプラ、パンクロック、ラーメン

2015年8月27日 11時00分

注目の商品