巷のB級ニュース“小”ネタを毎日配信!

宝くじ専用賽銭箱!? 日本一の毘沙門天「一乗院」は日本一なんでもありなお寺だった

ライター情報:ひにしあい

このエントリーをはてなブックマークに追加
こんにちは、ひにしです。

先日出かけた茨城県で、「日本一の毘沙門天」という看板を目にした。これである。

この時点で次の電車までは約1時間。何をして時間を潰そうかと思っていたところに「日本一の毘沙門天」……。そのキャッチコピーだけで、かなり気になった筆者は、本当に思い付きのほんの軽い気持ちで行ってみることにした。

しかし、「日本一の毘沙門天」そこはそんな軽い気持ちで向かってはいけない驚きに満ち溢れたお寺であったことをこの時の私は知る由もなかった……。

日本一の毘沙門天はやっぱりでかい! でも注目は毘沙門天の足元だった


最寄り駅のJR常陸鴻巣駅から、徒歩で約20分。さすが、日本一! とんでもなくデカい毘沙門天様がどどーんと登場!

全景を収めるためには、かなりひかないと毘沙門天様が持っている武器? らしき物の先端まで入りきらない!
見ての通り、かなり引いているのだが、武器の先端は収まり切っていない。

たしかに、でかくて迫力がある。だが、この日本一の毘沙門天「一乗院」の他には無い凄さに早くも気づいてしまった。注目は毘沙門天の足元だ。

それが、こちら。

「胎内めぐり」とある。そして、「胎」の字の横にある毘沙門天らしき画像がもう何が何だかわからない。
とりあえずこの中に入るためには、100円の奉納が必要とのこと。

一体、胎内めぐりとは何なのか、案内の絵を見てみることにしたが……


……



「宇宙と一体になれる神秘の世界」

胎内めぐりとは、何なのか。
関連キーワード

ライター情報: ひにしあい

女子ならではのあるあるを試し続けている人。元バンギャ。基本的に日本酒とウイスキーに溺れながら生きている。本業はSEO。

URL:Twitter:@sunwest1

2015年8月26日 11時00分

注目の商品