巷のB級ニュース“小”ネタを毎日配信!

「コンビナート男子」との恋の化学反応に燃える 婚活イベントに定員5倍以上の応募者殺到 

このエントリーをはてなブックマークに追加

石油化学コンビナートで働く「コンビナート男子」は出会いがあまりないそうだ。交代勤務が多く異性と知り買う機会がないため、未婚者数が増加傾向にある。この問題を解決しようと、千葉県市原市が後援する婚活イベントが2015年11月17日に開催される。その名も「婚活inコンビナート~恋の化学反応~」だ。

近年、工場見学などで脚光を浴びるコンビナートだが、まさかそこで働くコンビナート男子に限定した婚活イベントが開催されるとは! だけど、チラシには男女で手を合わせてハートマークを作るポーズの写真に、「恋の化学反応」の文字がド~ン。ネーミングとチラシデザインが少し時代がかっているような……。
※画像はイメージ

「学業成績の優秀な人が多い」


市原市は京葉臨海工業地帯のひとつであり、旭硝子、出光興産、日立化成といった東証一部上場企業の関連施設が立ち並んでいる。企業の年収を掲載するサイト「年収ラボ」のデータによれば、石油、化学、硝子業界の平均年収は600万円前後と決して悪くない。そんなコンビナート男子ってどんな人たちなんだろうか。市原市の担当者に聞いてみたところ「地方から来る人が多いようです。(人物像としては)学業成績の優秀な人が多いと聞いています」とのこと。これは女性のみなさん、期待できるのでは!
※画像はイメージ

8組のカップルが誕生


今年1月に行われた第1回イベントでは、コンビナート立地企業各社から30~40歳の男性社員2~3人ずつが参加。女性参加者を募ったところ、定員30人のところに155人の応募があり、急きょ35人まで拡大したそうだ。
関連キーワード

2015年10月19日 20時40分

注目の商品