巷のB級ニュース“小”ネタを毎日配信!

0

「ひとり飯」をする女はなぜエスニックが好きなのか

ライター情報:田幸和歌子
ひとりでご飯を食べるとき、ふと猛烈に欲して、タイ料理やベトナム料理などのエスニックを選ぶことが多い。
だが、これはおそらく個人的な傾向ではないと思う。何故なら、そうしたエスニックの店に行くと、自分と同じような「おひとりさま」の女性の姿を多数見るからだ。

なぜひとり飯をする女性は、エスニックを好むのか。

店の壁際の席をいつも女性の一人客がズラリと占める「バンコク屋台カオサンルミネ新宿店」に聞いた。

女性がタイ料理を食べたくなる理由




「弊社には様々なスタイルのお店があるため、店舗にもよりますが、特に屋台風のお店では女性一人客が本当に多いですね。ただし、もともとは約20年前にトムヤムラーメンのお店からスタートし、当時はタイ料理が浸透していなかったため、ゲテモノ扱いでした。その頃は『ラーメン』ということで、お客さんも早稲田の学生さんや男性がほとんどだったんですよ」(広報担当・渡部さん 以下同)

そういえば、自分も初めてタイ料理を食べたのは20年ほど前、大学進学で上京したばかりの頃。甘酸っぱく辛い味にビックリしたことが懐かしく思い出される。
それを思うと、現在のタイ料理の浸透ぶりには隔世の感があるが、なぜ女性に人気となったのだろうか。

「タイ料理は酸味が強いこと、辛いことなどから、様々な先入観を持たれがちですが、女性は『おふくろの味じゃないものも試したい』という勇気があるのだと思います」



特にカオサンルミネ新宿店はもともと「ひとり客の女性」をターゲットにしていたそうで、その理由について言う。

ライター情報: 田幸和歌子

書籍出版社、広告制作会社を経てフリーに。月刊誌・週刊誌・夕刊紙などで執筆中。

2015年10月29日 10時30分

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品