巷のB級ニュース“小”ネタを毎日配信!

0

「世界初」カレー専用ビールを飲んでみた


宮崎ではチキン南蛮、広島ではお好み焼きに合うビールが販売されるなか、今度はカレー専用のビールが登場した。静岡県の伊東市に本社がある宇佐美麦酒製造株式会社が10月28日に発売した「CURRY LOVER ALE」だ。「世界初」をうたっている。10月31日と11月1日に行われた「神田カレーグランプリ 2015」でこのビールが売られていたので、さっそく飲んできた。

神田カレーグランプリの会場へ


神田カレーグランプリの会場は神田小川広場。今回はカレー専門店が20店舗参加しており、福神漬け専門店・スパイス専門店S&Bのブースなども出展していた。


その一角にあったのが宇佐美麦酒製造のブース。


ブースに行った時には、すでに瓶のCURRY LOVER ALEが売り切れていた。今回はサーバーから直接注いだビールを注文。価格は500円。

カレーと一緒にビールを飲んでみた


CURRY LOVER ALEを飲むためにカレーも注文。今回はスープカレー屋 鴻(オオドリー)の「キーマ(牛挽肉)のスープカレー」を頼んでみた。


まずはカレーを食べてみる。スープカレーではあるものの、小さなカップにかなりたっぷりの牛挽肉が入っているため、牛肉の旨味や牛脂の甘味がよく感じられ、スパイス感も強くてご飯に合う。口がカレーの味で満たされ、CURRY LOVER ALEを飲む準備は整った。


CURRY LOVER ALEはエールビールだけあって甘味がやや強く、香りも華やかで「のど越し」を重視した大手メーカーのビールとは全く味が違う。

2015年11月2日 20時30分

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品