巷のB級ニュース“小”ネタを毎日配信!

0

韓国大統領お宅訪問~幼き日の朴槿恵大統領も暮らしていた朴正煕家屋を訪れる

ライター情報:清水2000
VIPのお宅にお邪魔して、渡辺篤史ばりに褒めちぎりたい! そんな夢をかなえてくれるのがここ韓国だ。

韓国では歴代大統領の住んでいた家・生まれた家が、文化財や観光スポットとして公開されていることがよくある。ソウルでは崔圭夏元大統領の暮らしていた家が一般公開され観光客を集めており、地方に行けば、先日亡くなった金泳三元大統領を始め、朴正煕、金大中、盧武鉉といった元大統領たちの生家も見学できる。

でも一番気になるのはやはり、現職の朴槿恵大統領のお住まいではなかろうか。大統領官邸である青瓦台(チョンワデ)はツアーで敷地まで入れるが、さすがに居住空間までは見ることができない。しかし、朴槿恵が子供のころ過ごしたという家ならお宅訪問が可能だ。今年3月に一般公開が始まった、ソウル市新堂洞に位置する「朴正煕家屋」へ、ワクワクしながら出かけてみた。

朴槿恵が6歳から9歳まで居住


朴正煕家屋は、2号線「新堂」駅から徒歩15分ほど。下町風情あふれる景色を横目に坂道を登っていくと、塀に囲まれた平屋が現れた。これがかの朴正煕家屋である。玄関にかけられた「朴正煕」の表札がまぶしい。

さて、どんな素敵な住まいが待っているのでしょう。


おさらいしておくとこの家は、朴槿恵の父である朴正煕元大統領が、大統領就任前の1958年5月から1961年8月にかけて家族と過ごした住まいだ。朴正煕が1961年の5・16軍事クーデターを計画した場所として知られ、韓国現代史の重要な現場として文化財登録されている。
関連キーワード

ライター情報: 清水2000

ソウルを拠点に活動するトラベルライター。翻訳も少々。路上のコネタ、珍スポ、音楽と映画を求め、弘大のライブハウスから朝鮮半島の辺境、世界のコリアタウンまで徘徊中。

2015年12月16日 11時23分

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品