巷のB級ニュース“小”ネタを毎日配信!

エーゲ海のネコは絶景にウットリ~「シエスタ写真家」に聞く日本と海外のネコの違い

このエントリーをはてなブックマークに追加
地中海をメインフィールドに「シエスタ写真家」として活動しているASUHA-明日葉-さん。先日、地中海で暮らすネコの写真集「エーゲ海のねこ シエスタの町から」(PHP研究所刊)を発売した。日本とは環境の違う地域でのネコの暮らしぶりを聞いてみた。




ASUHA-明日葉-さんは大の旅好きでさまざまな国を訪れていることから、まずは、日本で出会うネコと海外のネコに違いはあるのか聞いてみた。
「もちろん個体差はありますが、オーストラリアのネコの鼻は長くて、横から見るとツンとしてますね」
それは興味津々。地中海のネコはどうかというと
「三毛猫が少なくて、黒ネコや茶トラのネコが多い気がします」
地中海では、地域によっては、家は白をベースにするように定められていることもあり、黒いネコと遭遇した時は、白と黒のコントラストがたまらないそうだ。
「ただ、写真を撮るのが好きな人ならお分かりかと思うんですが、撮影する上で困ったことがあって、白色が強すぎると色が飛んでしまうんです。黒に合わせても見た目通りの写真になりにくいのがネックですね」
しかし、白い部分が多いということはレフ板がわりになるということでもある。
「黒ネコ以外にネコであれば、反射をうまく利用すると、綺麗な写真が撮りやすくなります」



海水の温度が低く、プランクトンが発生しにくいこともあり、海の色が青々としている。
「空の色も海の色も、エーゲ海地方の青さは日本では見られない色です」




ネコにとって生活しやすいのか、非常にのんびりしている。
関連キーワード

ライター情報: やきそばかおる

テレビやカルチャーにまつわる雑誌や書籍の仕事に携わったり、動物の写真を撮ったり、焼きそばを作ったり、消しゴムはんこを彫ったり……の楽しい毎日です。

URL:https://twitter.com/yakisoba_kaoru

2015年12月27日 10時00分

注目の商品