巷のB級ニュース“小”ネタを毎日配信!

0

炭水化物に炭水化物の大ボリューム「焼きそば丼」を君は完食できるか?

2016年1月8日 10時00分 ライター情報:松岡佑季

「日本で3番目の焼きそばの町」である群馬県太田市。街全体で「上州太田焼そば」を地場のグルメとして掲げている。太田市は工場の町ということもあり、焼きそばは工場のスタッフに好んで食べられてきた。

「上州太田焼そば」は青のりと紅しょうが乗ったスタンダードな味付けで、ボリューム感のある太麺は食べ応えがある。各店舗でそれぞれ特徴が異なるが、今回は「焼きそば丼ひつまぶし風」なるメニューがあるお店「もみの木」に行ってみた。

東武伊勢崎線太田駅前のシャッター商店街を通り抜けて、大通りを渡った先にある。工場の町らしく多国籍な香りのする場所だ。

太田駅から徒歩10分ほどで到着する。

群馬の宣伝部長であるゆるキャラ「ぐんまちゃん」がお出迎え。最近は、富岡製糸場の影響もあり、大活躍中である。

店内は、暖かい木の温もりがあるインテリア。

「焼きそば丼ひつまぶし風」600円(税別)を注文する。お手ごろな価格で安心でついついデザートまで、と思うかもしれないが、まずは焼きそば丼のビジュアルを見てほしい。

このボリューム感が伝わるであろうか。蓋が閉まらない、これでもかというほど乗っかっている焼きそば。右端にあるのは、からあげだ。希望があればさらにトッピングもできる。

焼きそばは、しゃきっと感が残るキャベツと豚肉が昔ながらのソースに絡んでいてウマイ。

なんと! 焼きそばの下には目玉焼きが隠れているとは。味わい深い焼きそばに、目玉の黄身を少し崩して食べるのも乙なもの。

ライター情報: 松岡佑季

IT企業の会社員×フリーライター×インタビュアー。東京在住、週末地方。
地方・グルメ・キャリア・Webマーケティング系の記事を書いています。

URL:https://twitter.com/matsuokayuki3

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品