巷のB級ニュース“小”ネタを毎日配信!

0

クンカクンカ!猫のおでこの香りがするファブリックウォーターを試してみた

2016年1月8日 10時00分 ライター情報:寺西ジャジューカ
以前、テレビを観ていたら、吉川ひなのが「耳の裏の匂いが好き」と言いながら共演者の匂いを嗅いで回っていた姿を目にしたことがあります。あの子、変わったフェチなんだな……。

一方、こちらは"猫好き"の間でスタンダードな嗜好。実は、愛猫家の中で「猫のおでこの匂いが好き」という声がかなり多いそうなんです。
そこで、誕生しました。フェリシモが12月より発売している『あの猫に顔をうずめたみたい? モフモフおでこの香り ファブリックウォーターの会』(税抜1,200円)は、まさにあの「おでこ」の匂いを再現しているそう。これをまくらや毛布に吹きかければ、"クンカ、クンカ"と、存分に猫のその香りを楽しむことができます。

「猫を後ろからすくい上げるように抱っこすると、ちょうど人間の顔の下に猫のおでこが来ます。だから『おでこ』って、猫好きの馴染みの場所なんです」(担当者)

弱点ポイントである「おなか」辺りをなかなか触らせてくれぬ猫は少なくない。でも抱っこの体勢に入りさえすれば、自然な流れで「おでこ」には接触できてしまう。結果、猫好きの間で大好物な箇所となりました。

ところで"猫のおでこの香り"って、どんなですか?
「SNS上で猫好きさんを対象にアンケートを採ったのですが、最も多かったのは"天日干ししたお布団の香り"という声でした。ひなたぼっこするとよく陽が当たる部分だからだと思います。また焼かれた香ばしい雰囲気もあるので、"香ばしい焼き立ての食パンの香り"という意見も上がりました」(担当者)
これ、とにかく一言では言い表せられないそう。

ライター情報: 寺西ジャジューカ

1978年生まれ。ブライアン・ジョーンズとビートたけしと前田日明と大江慎也と有吉弘行を敬愛する。好物=局アナ、篠田麻里子

URL:Facebook

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品