巷のB級ニュース“小”ネタを毎日配信!

0

足利名物「焼きそばバーガー」の食べごたえが凄い

2016年1月14日 10時00分 ライター情報:松岡佑季
このエントリーをはてなブックマークに追加
栃木県足利市で行われる「足利グルメグランプリ」で連覇経験のある、ご当地バーガー「ポテト入り焼きそバーガー」をご存知だろうか? 

足利では焼きそばにジャガイモを入れる。この焼きそばをコロッケ状にして栃木県産の小麦粉で作ったベーグルで挟んだのが、「ポテト入り焼きそバーガー」だ。これを提供しているお店「こばらベーグル」に行ってみた。


場所は足利駅より徒歩25分程。山や川があり自然にあふれたハイキングコースとしても人気があるエリアだ。軽く歩いて、お腹を空かせていくのも良い。カラフルな外観のため、すぐに見つけることができる。

「小腹が空いたら、こばらベーグル」というのが店名の由来。生活習慣病予防士の資格も持つ店主による、健康にも気を使った安心のベーグルを販売している。現在は、月水土の10時~16時のみオープン。食べるチャンスは、週3回のみである。


「ポテト入り焼きそバーガー」のバンズには「名水とうふベーグル」を使われている。

足利ブランドにも認定。すべて栃木産の材料なので、ご当地グルメの神髄が味わえそうだ。

注文してから調理をスタートするため少々時間がかかるが、イートインスペースにある天然水や名水珈琲をゆっくり飲みながら待とう。待ち時間で退屈しないために、漫画も用意されている。


「焼きそバーガー」が到着。焼きそばの入ったポテトコロッケが、ベーグルで挟んでありボリューム感たっぷり。ベーグルは弾力がかなりあり、手では簡単にちぎれない。口にすると酸味の効いたトマトソースがかかったコロッケと、しゃきしゃきキャベツとの相性が抜群で、中からでてくる焼きそばの太麺のコシがたまらない。足利の食を一食で味わえるご当地バーガーだった。価格は420円。
(松岡佑季)
関連キーワード

ライター情報: 松岡佑季

IT企業の会社員×フリーライター×インタビュアー。東京在住、週末地方。
地方・グルメ・キャリア・Webマーケティング系の記事を書いています。

URL:https://twitter.com/matsuokayuki3

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品