巷のB級ニュース“小”ネタを毎日配信!

0

ホワイトデーに「うまい棒」で気持ちを伝える方法を考える

2016年3月12日 08時00分 ライター情報:金山靖
本来の機能とは別に、コミュニケーションツールとして使う文房具が数多く出回っている。気軽に使う人の思いをこめることができ、特に感謝の気持ちを伝えやすいのが人気の秘密。このアイテムがどれだけ気持ちをこめられるか、試してみた。

今回使ったアイテムはこちら。



コクヨ 和ごむ
マルアイ こころふせん

「和ごむ」は水引の蝶結びをモチーフにしたシリコン製の輪ゴム。


「こころふせん」は、のし紙を付箋タイプの形状にした変わり種付箋。


これらをちょっとしたプレゼントに添えることで、相手へのお礼が気楽かつさりげなくできるそう。どれぐらい気持ちがこめられるのか、いろいろ試してみた。

まずはオーソドックスにお菓子。





確かにお菓子単体を渡すより、和ごむやこころふせんを足したほうが贈り物感は増す。こころふせんは丸いものと相性が良さそうなので、いくつか貼ってみた。




栄養ドリンクは「残業頑張って!」感が出るのががちょっとアレだけれど、気になる人からこれをもらえたら「終電までやったる!」と思えるかも。ビールはお中元・お歳暮感が出るものの違和感はあまりない。うまい棒は一目見ればすぐわかる馴染み方だ。さらに、意外と合うのではと思ってやってみたのが袋麺。



どんなシチュエーションなのかはわからないが、きっと月末ピンチのときにもらったら嬉しいだろう。小さいサイズのこころふせんは、おせんべいなど個包装のお菓子と相性よし。



和ごむは巻くという特性上、かっちりしたものと合わせるのが良さそうだ。
関連キーワード

ライター情報: 金山靖

フリーライター。グルメ、文房具、ガジェットなどに精通。中身は本好き、メモ魔、中島みゆきマニア。

URL:Twitter:@kuunelu5963

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品