巷のB級ニュース“小”ネタを毎日配信!

ショーンK氏が偽ったパリ第1大学ってどんな学校? 

2016年3月18日 17時55分

ライター情報:加藤亨延

このエントリーをはてなブックマークに追加
週刊文春が報じた経営コンサルタント、ショーン・マクアードル川上氏の学歴詐称問題が世間を賑わせている。川上氏は公式ホームページ上の英文経歴に「テンプル大学でBA(学士)、ハーバード・ビジネス・スクールでMBA(経営学修士)を取得。パリ第1大学に留学」と記載していた。ところが川上氏は、学士を含め学位、また修了書が発行される類のプログラムに一切参加したことがなかった。これを受けて、同氏は出演するテレビ、ラジオ番組も降板になった。

パリ第1大学

川上氏が偽った学歴には、米国の大学に加えてフランスにあるパリ第1大学も含まれていた。パリ第1大学とは、どのような大学なのか? じつはフランスにおける大学の仕組みは、日本とは少々異なっている。

「パリ大学」「ソルボンヌ大学」留学の曖昧さ


現在において「パリ大学」とは、パリおよび近郊に散らばる13の大学の総称である。それぞれ1から13まで数字が付いており、パリ第1大学は「パンテオン・ソルボンヌ」とも呼ばれる。各大学で扱う学問分野も異なり、パリ第1大学は主に経済、経営、政治、法律、歴史などだ。

日本でも有名な「ソルボンヌ」という名前を冠している大学は、13あるうち3大学に限られる。今回の騒動で名前が出たパリ第1大学と、パリ第3大学「ソルボンヌ・ヌーベル(新ソルボンヌ)」そしてパリ第4大学「パリ・ソルボンヌ」である。

パリ第4大学


今回の件とは別に、フランスに留学経験がある人の中には、自らの経歴にしばしば「ソルボンヌ大学留学」と記している場合がある。

ライター情報: 加藤亨延

主に週刊誌・月刊誌で海外事情を執筆。取材等での渡航国数は約60カ国。比較文化/旅行が、ど真ん中ストライク。ときどき社会/政治。ロンドンでの生活を経て現在パリ在住。

URL:http://tokuhain.arukikata.co.jp/paris/

注目の商品