巷のB級ニュース“小”ネタを毎日配信!

「最強生物決戦展」に行ってきた!サンシャイン水族館とテラフォーマーズがコラボ

2016年3月22日 19時10分
このエントリーをはてなブックマークに追加

サンシャイン水族館で『テラフォーマーズ』とのコラボイベント「最強生物決戦展 サンシャイン水族館×テラフォーマーズ」が3月18日から開催されている。
(C)貴家悠・橘賢一/集英社

『テラフォーマーズ』は、週刊ヤングジャンプで連載中の少年漫画。人間並みに巨大になり、進化したゴキブリ。そのゴキブリに対抗するため、様々な生物が持つ特殊能力を身につけた人間が、火星を舞台に戦うストーリーだ。

2013年版「このマンガがすごい!」ではオトコ編1位を獲得。TVアニメも2期が4月にスタートし、実写化映画も4月29日から放映予定の人気漫画だ。


「最強生物決戦展」では、『テラフォーマーズ』に登場する人物たちの能力のベースとなる生物が実際に鑑賞でき、漫画の世界観を味わえるという、まさに原作ファン必見の展示イベント。これは見るしかない!

キャラクターが持つ能力のモチーフになった生物が並ぶ


生き物は、電撃、毒、甲殻、蟲、4つの能力に分けて展示されており、内装の雰囲気も異なる。まずはデンキウナギ、デンキナマズなど電気ショックで敵に与える生物がいる「電撃」コーナー。


今回の見どころのひとつでもあるデンキウナギ。部下思いで人気があるキャラクター、アドルフ班長が持つ能力のベースとなる生き物である。800Vの発電力を持っており、人間大にならなくても十分強い。実際に触ったという水族館の方の話によると、触った側の手が肩までしびれるほどの威力だそう。

アドルフ・ラインハルト (C)貴家悠・橘賢一/集英社

デンキウナギ


ヒョウモンダコ、オオスズメバチなど猛毒生物のいる「毒」コーナー。

注目の商品