巷のB級ニュース“小”ネタを毎日配信!

0

韓国の「うんち焼き」を食べてみた!

ライター情報:西門香央里

ソウルの観光名所のひとつ、仁寺洞(インサドン)。
古い韓国の町並みを体感できる場所で、毎日観光客でごった返しています。その中に「サムジキル」というさまざまなショップやカフェなどを集めた施設があります。

この「サムジキル」の中に、ちょっと変わった名物お菓子があるのです。その名も

「トンパン」

日本語で直訳すると「うんちパン」ですが、「うんち焼き」と呼ぶことが多いようです。



写真の通り、いわゆる「うんち」の形をした、たい焼きのようなお菓子。名前や見た目から、ちょっと食べるのを躊躇しちゃいそうですが……。

一人のデザイナーから生まれた「うんち焼き」


この「うんち焼き」ってどうやって生まれたのか?と思って、少し調べてみました。

韓国の「designdb.com」の記事によると、サムジキルのイチゴのキャラクターをデザインしたデザイナーがトン(うんち)チミというキャラクターを生み出し、そのトンチミが作っているのがトンパン(うんちパン)という設定のようです。下の写真に写ってるうんちを頭に被ったキャラが「トンチミ」です。



このトンチミたちが生まれたのは1991年頃で、それから20種類以上の商品が生まれ、現在も愛され続けています。サムジの屋上には「トオン(うーんこ)カフェ」があったり。

「うんち焼き」を実食!お味は?


この「うんち焼き」の肝心の味はどうなのでしょうか? 早速いただいてみました。
焼きたての「うんち焼き」は、1000ウォンで食べられます。
関連キーワード

ライター情報: 西門香央里

東京在住フリーランスのフォトライター。K-POP、韓国事情(ソウル中心)、国内外のグルメ、街情報を中心にWebメディアなどで活動中。年3〜4回の渡韓でエネルギーを蓄えている。
寄稿媒体:goo いまトピ、TABIZINEなど

URL:Twitter:@Kaori_Simon

2016年4月11日 07時30分

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品