巷のB級ニュース“小”ネタを毎日配信!

0

電車とホームが居酒屋に!? 「中之島駅ホーム酒場」で飲んできた

ライター情報:スズキナオ
電車に揺られながら飲むお酒が何より好きである。窓の外を過ぎ去ってゆく景色を眺めながら、旅情を噛みしめつつ飲む。いつもと同じ銘柄の缶ビールのはずが、何倍も美味しく感じる。

友達とワイワイ飲むのも良いし、一人旅の途中で味わう酒もまた味わい深いものである。とはいえ、4人掛けのボックスシートならまだしも横並びのシートに座ってお酒を飲むのは気が引けるし、なかなか思うようにお酒を楽しむのは難しいものだ。場合によっては人の迷惑にもなるし。

そんな中、大阪・京都・滋賀を結ぶ京阪電車が実に粋なイベントを開催してくれた。「中之島ホーム酒場」と題されたそのイベントは、京阪電車・中之島線の「中之島駅」に特別に車両を用意し、車両内とホームを居酒屋にしてしまうという大胆な試み。

2016年6月22日~6月25日にかけて開催されるイベントの初日に様子を見に行ってみることにした。

中之島駅の改札外に設けられた「中之島駅ホーム酒場」への入口に向かうと、開場前からすでに行列ができている。


平日の17時前なのだが、おそらくみなさん、仕事は二の次で駆け付けた猛者たちかと思われる。

入場料は1,000円となっており、100円×10枚綴りの飲食チケットがついてくる。


会場となっているのは、ふだん電車の乗降に使用されている3番線ホーム。今回、居酒屋電車に姿を変えている2200系車両も通常運行に使用されているものだ。

電車の中に全10店のブースが特設されており、生ビールが300円で飲める「サントリー・ザ・モルツ」のブースや、牛すじ煮込みや唐揚げなどを販売する「京阪レストラン」のブースなどが用意されている。

ライター情報: スズキナオ

1979年生まれ水瓶座・A型。立ち飲みや無目的な街歩きが趣味。チミドロっていうテクノバンドをやっています!

2016年6月23日 12時10分

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品