巷のB級ニュース“小”ネタを毎日配信!

0

いまの高校生は物理が必修じゃなくなっている?

ライター情報:田幸和歌子

物理を学ばない高校生もたくさんいるようです(※画像はイメージです)

[拡大写真]

子どもや若者の「理科離れ」が問題視されて久しいが、平成14年度には文部科学省が「科学技術・理科大好きプラン」を開始。
近年は、科学技術・理科・数学教育を重点的に行うスーパーサイエンスハイスクール(SSH)の設置も増えてきている。

だが、その一方で、高校で物理を全くやらない生徒もいると聞く。しかも、国公立大志望でセンター試験を受ける進学校においても、物理を履修しないまま卒業する生徒がいるそうだ。

今、物理は必修じゃなくなっているのか。都内の高校教師にきいてみた。

「物理知らず」の高校生も存在する


「新課程では、物理基礎、化学基礎、生物基礎、地学基礎の中から3つが必履修となっております。またその上位科目として『基礎』のついていない物理、化学、生物、地学があります。文系コースのある例では、化学基礎、生物基礎、地学基礎を必修にしているために、物理を全く学ばない生徒がでてきてしまっているという現状があります」

かつては大学受験で選択されるのは「国公立文系志望→生物履修者が多く、次が化学」「国公立理系志望→物理か化学が必須+α」のイメージがあったが……。

「工学部や建築科など、受験科目に物理が必須の生徒も多いですが、一般的には理系は化学をメインで使って、物理か生物かの選択をします。どちらでも良い場合は、女の子は生物をとる場合が多いですね」

また、文系の国公立志望の生徒は、「基礎」とついた理科の科目を2つとる必要があるそう。

ライター情報: 田幸和歌子

書籍出版社、広告制作会社を経てフリーに。月刊誌・週刊誌・夕刊紙などで執筆中。

2016年6月29日 10時50分

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品