巷のB級ニュース“小”ネタを毎日配信!

0

山手線は路線図と違って丸くない!現実の形状はむしろ縦長だよ?

ライター情報:和泉涼
山手線と言えば、あのま~るく表示された路線図をみんなが思い浮かべるだろう。しかし、その路線図で各駅間の距離をイメージするのは大間違いらしい。Twitter上で、山手線のイメージ図と現実との違いが話題となっている。

同じ対角線上の駅でも大きな差が!


山手線は全29駅、路線距離が34.5キロの路線。よく見る円状に表示された路線図では、29の駅がそれぞれ等間隔に配置されている。そしてそれを見ると、「新宿駅と秋葉原駅」「池袋駅と品川駅」などがほぼ対角線上にあることがわかる。




円状の路線図だけを見ると双方の距離が同じように見えるが、Google Mapによると「新宿駅と秋葉原駅」の距離は約7.6kmで徒歩1時間31分。「池袋駅と品川駅」の距離は約13kmで徒歩2時間37分(!)と大きな違いがあるのだ。

山手線の現実


実は山手線を正確に表すと縦長で、ニンジンみたいな形になる。このことから、円状では同じ対角線上にある駅でも「新宿駅と秋葉原駅」の距離は短い一方、「池袋駅と品川駅」の間は非常に長いのだ。また、間に2駅しかない「渋谷駅と新宿駅」間と、5駅もある「渋谷駅と田町駅」間の距離がほぼ同じだったりもする。

これには「この間、池袋の家から、健康とダイエットの為に品川目指してウォーキングした。歩いても歩いても到着しなかったのはこのせいだったのか…」「新宿~秋葉原間の移動に中央線使うのがいかに大事かわかりますね… 初めて来た時、山手線で行って時間かかりすぎた」なんて声が。
関連キーワード

ライター情報: 和泉涼

フリーライター。都内在住。

2016年8月17日 07時50分

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品