巷のB級ニュース“小”ネタを毎日配信!

2

日本のiPhone7には「総務省指定」の刻印が! 「カッコイイ」「ダサくて買えないわ」と賛否の声

ライター情報:和泉涼

Twitterで「総務省」と画像検索した結果

[拡大写真]

2016年9月16日、全国のappleファンたちが待ちに待ったiPhone7がついに発売され、東京のアップルストアでは行列もできるなど相変わらずのフィーバーっぷりが見られた。さっそくiPhone7を手に入れた人は、その使い心地や見た目をTwitterなどに投稿していたが、日本のiPhone7の背面には「総務省指定」という刻印がされていると話題になっている。

日本限定の謎の刻印「総務省指定」とは!?


TwitterにアップされたiPhone7の画像を見てみると、背面にはおなじみの「Designed by Apple in California Assembled in China」という文字の下にモデル番号。そしてその隣には「総務省指定 MIC/KS 第EC-16006号(16007号)」という見慣れない刻印が。




実は今回のiPhone7には、ユーザーが待望していた「FeliCa」「Suica」対応の決済サービス「Apple Pay」が搭載されているため「誘導式通信設備」という扱いになり、この刻印を入れることになったようだ。

もちろんこれは日本国版iPhone7限定の刻印で、「ジャパンプレミアムモデルの証」「漢字はいるのも悪くないじゃん」「なんかSF感あってかっこいいな」と好印象を受けるユーザーも少なくはないよう。

しかし洗練されたデザインが売りのApple製品に「総務省指定」はないんじゃないかというユーザーも多いようで、「ダッセーよ」「買うのためらうわ」と筋金入りのAppleファンたちは反感を覚えているようだ。
関連キーワード

ライター情報: 和泉涼

フリーライター。都内在住。

2016年9月16日 15時55分

コメント 2

  • 安堂 通報

    どうせケース付けるし気にならないんじゃない?

    1
  • ちょ 通報

    え!「設備」って文字いれたの!? それって、NHKが受信設備としてネットからも受信料とるための布石?! テレビ見れないからアップルにしてたのに!

    1
コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品