巷のB級ニュース“小”ネタを毎日配信!

0

家賃が払えないほど経営難のゲームセンター、存続求める熱いメッセージに協力者が続々

ライター情報:和泉涼
テクノワールドから許諾を得て掲載

スマホアプリが普及したことで、家庭用ゲーム機を買ったり、ゲームセンターに足を運んだりしなくなったという人も少なくないはず。そんななか、岩手県にあるゲームセンターが存続をかけたメッセージをTwitterに投稿。その熱いメッセージに心を動かされる人が続出しているようだ。

「廃墟だと思った」と言われてしまうほどの経営難


10月2日に岩手県奥州市にあるゲームセンター「テクノワールド」が「存続に関する大切なお知らせです。拡散お願いします」と投稿したのは、同ゲームセンターの現状に関する文章。「このままでは確実に年内で閉店する処まで追い詰められています」という苦しい状況のようで、「電気が点いていない筐体達は、そうしなければ電気代すら支払し切れない状況の表れでした」「身銭を切ってでも新しい機械を入れる方針でしたが、切れる身銭はありません」という言葉からも厳しさが伝わってくる。なお、役員報酬300万円近く未払いで家賃も滞納し、値引きの交渉もしたが9月の家賃も払えないほどの売り上げだったそう。




しかしそんな状況のなかでも、「昔ながらの『ゲームセンター』を残したい」という熱い気持ちに共感し、ゲームを提供してくれたり、廃棄寸前の筐体を改造してくれたりといった協力者が集まり出す。

熱い決意に胸をうたれる人続出


決意を新たにした同ゲームセンターは、「わたしはこの熱い思いと共に地域に昔ながらのゲームセンターを残す活動を始めました。
関連キーワード

ライター情報: 和泉涼

フリーライター。都内在住。

2016年10月4日 18時38分

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品