巷のB級ニュース“小”ネタを毎日配信!

1

サンシャイン水族館がお化け屋敷化 ゾクゾクする恐怖空間を体験してきた

10月1日~31日までサンシャイン水族館で、お化け屋敷プロデューサー五味弘文氏がプロデュースする新感覚ホラーイベント『呪いの水櫛』が開催されている。

数々の恐怖イベントを作りあげてきた五味氏。今回初めて水族館をプロデュースするということで、注目度が高いホラー水族館を早速、体験してみた!


イヤホンを装着すると恐怖の世界への扉が開く……



水族館に到着すると、まずタッチペン付きの音声ガイドを渡される。早速、イヤホンを装着して中へ。


暗闇を進んでいくと待ち構えているのは、櫛の絵とナンバーが描かれているパネル。タッチすると、五味氏が書き下ろしたストーリーがはじまる。

<あらすじ>
足ヶ浦と呼ばれる、誰も近づかない場所がある。
そこには、ある女の霊が現れると噂されていた。女の名前はしず子。
しず子は、恋人からもらった大切な櫛を海に落とし、それを追いかけて亡くなってしまった。それから、しず子は、櫛を追いかけて海の中をさまよっている……。


ストーリーは水族館の水槽にからめた内容となっており、魚だけ、恐怖だけの演出にならない練られた作りになっている。参加者はストーリーを聞きつつも、薄暗い水族館の中で幾度となく、しず子に遭遇しながら進んでいく。

ところどころ悲鳴も上がっていた本イベント。ネタバレのため詳細は賭けないが、ゾクゾクする恐怖の空間が広がっており、前へ進む足がついつい止まってしまう恐ろしさがあった。


恐怖のオリジナルメニューやグッズも登場!



期間中は『呪いの水櫛』にちなんだグッズや、オリジナルホラーメニューも登場!
恐怖から解放されたあとは、一息ついてカフェに立ち寄ってみるのはいかがだろう。
関連キーワード

ライター情報: 舟崎泉美/イベニア

小説、脚本(映画、舞台、ゲームなど)の他、雑誌、WEBに、記事を寄稿。『ほんとうは
いないかもしれない彼女へ』で、第一回本にしたい大賞受賞。

URL:http://izumishiori.web.fc2.com/

2016年10月5日 10時00分

コメント 1

  • 匿名さん 通報

    行ってみた! 怖かったけど楽しかった。

    3
コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品