巷のB級ニュース“小”ネタを毎日配信!

1

家の近所から「ニューヨーク方面」目指すヒッチハイカー100人、全国で一斉募集

武蔵野美術大学を去年卒業し、現代美術作家として活動している野口竜平(たっぺい)さん(24歳)が、今月10日、11日の2日間、「ニューヨーク方面」を目指すヒッチハイカーを募集している。

各々が近所で「ニューヨーク方面」の看板掲げる


去年、「ニューヨーク方面へヒッチハイク」を行ったときの野口さん

このプロジェクトは日本全国の人たちに、自分の家の近所の路上で「ニューヨーク方面」と書かれたダンボールの看板を掲げてもらい、それぞれヒッチハイクしてもらうというもの。募集人員は100人を見込んでおり、車の乗り降りを繰り返しながら原則として2日間行うことを推奨している。
 
「ただ、開始時間や終了時間、またはどこをゴールにするかといったルールは特に決めていない」という主催者の野口さん。
 
「このヒッチハイクは、乗せてくれた人との会話によって成り立ちます。去年、茨城県の取手市から1人で2週間、「ニューヨーク方面ヘヒッチハイク」をしたときも、『とりあえず海の方いく?』『成田空港いこう』『六本木で降ろすから次お金持ちに拾ってもらって』など乗せてくれる人の反応が面白かったです。主婦やキャバクラ経営者、テレビ局のロケバスなど計25台の車に乗せてもらいましたが、ニューヨークには結局行けず、最後は静岡県御前崎市にある『ニューヨーク』というパチンコ店に降ろされて、人生初のパチンコに挑みました」と語る。

そして、「『ニューヨーク方面』と書かれたダンボールを持つだけで見慣れた風景はがらりと変わる。
関連キーワード

ライター情報: 内堀たかふみ

放送作家・ライター。ご用件のある方はutf0222@gmail.comまで気軽にどうぞ。

2016年12月6日 07時40分

コメント 1

  • 匿名さん 通報

    臭い人や汚い恰好の人を乗せるのはイヤだな。

    0
コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品