巷のB級ニュース“小”ネタを毎日配信!

0

「事故ったらオワタなの 守ろうよ、ねえ? 交通ルール」 JAFが発信する“交通安全ボカロ”の意図は

2017年2月26日 08時00分 ライター情報:寺西ジャジューカ
かつて、韻を踏んで年号を覚える「日本語ラップ」が話題になりましたが、たしかに色々なものを曲にして学んだら頭に入りやすいかもしれません。

そして先日、こんな曲(動画)を発見しました。


時にはお仕置きをしながら、交通安全啓発を行うボカロ


JAFは2月17日より「111(トリプルワン)-1second 1caution 1life-/音街ウナ」 を公開しています。

JAFホームページのナビゲーターである「久留間まもり」がリズミカルなボカロ曲に合わせ、交通ルールやマナーを違反する迷惑ドライバーに次々と注意喚起を行うこの動画。なんですか、その“交通安全ボカロ”は!
「ボカロを教材に活用しているニュースを知り、JAFが運営している『JAF U-17 OPEN CAMPUS』(運転免許取得前の世代を対象にしたスマートフォンサイト)の登録促進に利用できないか検討したのが、そもそものきっかけです。またU-17世代に交通標識を覚えてもらい、交通社会の一員としての意識を醸成することも目的の一つです」(JAF担当者)

たしかに若者の“自動車離れ”がささやかれている現代、若年層に向けた啓蒙活動は大事でしょう。しかして動画を観てみると、どうにも歌詞が過激です……。
・「ナビ様のお告げのまま でもココはドコ?」

・「信号は赤だったね 顔面は真っ青で 思考回路フリーズ」


・「交通ルールシカトする人は 一度痛い目見たらわかるだろ ほら救急車とパトカーがサイレンスクランブル」


・「一時停止無視やらかした人は危険なことと覚えさせましょう ほれ一撃食らいな愛のカノン砲 交通安全お仕置きガール」




なるほど。時にはお仕置きをしながら、交通安全啓発を行うストーリー設定になっている模様。でも、いいんですか? こんなにもアナーキーな歌詞だったとは……。
「真面目なフレーズでは若年層には響かないであろうと考え、敢えて印象に残るものにしました。ちなみに、曲の選定については『JAF U-17 OPEN CAMPUS』のメンバーにアンケートを介して参加していただきました」(担当者)

ライター情報: 寺西ジャジューカ

1978年生まれ。ブライアン・ジョーンズとビートたけしと前田日明と大江慎也と有吉弘行を敬愛する。好物=局アナ、篠田麻里子

URL:Facebook

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品